HOME | 技術・サービス | その他事業


 近畿地水は関係者各位のお力添を賜りまして、おかげさまで創立30周年を迎えることができました。創立30周年を記念して、災害時緊急用の井戸を30周年にちなんで30本寄贈プロジェクトを立ち上げました。
 寄贈致しましたのは、ガチャコンポンプと呼ばれます手押し万力ポンプ30個と井戸ケーシング・ストレーナー及び揚水管の30セットで、災害によりライフラインが遮断された際、生活用水を確保するために利用できます。
 「いつ、どこで起こるかわからない災害に対して、生活用水の備えとして利用していただきたい」という思いで災害時に物資の集約拠点の役割を担う小中学校といった、収容人数が多い地域の指定避難所など災害時に利用できる浅井戸30か所を、今年度いっぱいを目処に全ての設置完了を予定しております。最も生活に必然な「水」をいつでも供給出来る様に、近畿地水は得意分野である「水」を以って社会に貢献していこうと考えております。10年後、20年後も社会に必要とされる企業を目指して邁進していく所存でありますので、今後とも近畿地水をどうぞよろしく御願い申し上げます。
 

2019年3月26日に市役所貴賓室で行われた目録贈呈式
引用元:朝日新聞掲載記事