HOME | 技術・サービス | 除鉄処理


<除鉄・除マンガン処理概要>

 鉄(Ⅱ)は溶解度が大きく、中性付近でもかなりの濃度である事が分かる。それに対して鉄(Ⅲ)は中性付近では極めて難溶であることから、一般的に溶解性鉄といわれるものは鉄(Ⅱ)であると考えてよい。

 鉄(Ⅲ)は図-1から、中性付近でほぼ水酸化物として沈殿するが、鉄(Ⅱ)は図4-2からpH9.0~12.0のアルカリ領域でなければ沈殿しない事が分かる。よって、溶解性鉄の一般的な処理法はpH9.5~10.0に設定し、10分以上の滞留時間をとることで非溶解性鉄として、沈殿除去するアルカリ沈殿法(共沈法※1)がある。
 次に代表的な処理方法として、鉄(Ⅱ)を酸化させ、鉄(Ⅲ)の状態で処理する凝集沈殿法がある。空気酸化(自然酸化・曝気酸化)ではある程度の時間を要する為、あらかじめ酸化実験で反応時間等を確認する方が望ましい。酸化促進剤(塩素、オゾンまたは次亜塩素酸)を用いる事で酸化反応はほぼ瞬間的に行われるが、塩素は高価であること、取扱いに特別の注意が必要なことなどに留意する。また、pH及び水温を高くする事でも酸化を速められる事が知られている。こうして得た鉄(Ⅲ)は、凝集剤によって沈降処理される。

 

 溶解性鉄及びマンガンは一般的に上記のアルカリ沈殿法、凝集沈殿法の他に共沈法、硫化物法で処理されますが、そのほかにイオン交換樹脂法や、ゼオライトにマンガンを付着させたマンガンゼオライトと呼ばれるろ材に通水して処理する接触ろ過法などがある。
 
 ※1 他の金属が水中に同時に存在すると、処理対象重金属が理論上のpHより1~2低い領域から沈殿する(これを共沈現象と呼ぶ)場合があり、この現象を利用した処理方法が共沈法です。ここで用いられる共沈剤には、一般的に鉄塩(塩化第二鉄、硫酸第一鉄)やアルミ塩(PAC、硫酸バンド)など毒性の低い金属が使用される。

図-1 鉄(Ⅲ)の溶解度曲線

図-2 鉄(Ⅱ)の溶解度曲線

酸化鉄による河川汚染

 下表の様に処理方法には様々な特徴がある。弊社はこの中から凝集沈殿法、接触ろ過法を主として様々な現場で施工実績を持ち、また2つの工法を併用する事で目標処理濃度に合わせたプラント設計から設置、管理を請負う事が出来ます。ぜひ一度お問い合わせ下さい。


<凝集沈殿法>

処理フロ-例(処理能力 30m3/h級)


<接触ろ過法>

処理フロ-例(処理能力 30m3/h級)


<凝集沈殿法+接触ろ過法 併用型>

 上記2工法を併用したプラントを設置した場合、溶解性鉄・溶解性マンガン濃度を一律排水基準の1/10未満まで処理可能。また、凝集沈殿処理を前工程におくことで、濾過器の逆洗頻度を抑えられ、プラント管理の負担の軽減になる。

処理フロ-例(処理能力 30m3/h級)


<施工例>